TOP > 選手・スタッフ紹介 > 石塚 正信 ページ

石塚 正信

石塚 正信 石塚 正信
指導者 監督

江戸川区立鹿本中学から一般受験にて日大ー高へ進学。3年時には、3番遊撃手として活躍するも最後の夏は、ベスト8で帝京高校に惜敗。1年の浪人経験を経て、明治大学入学。
入学後は、故島岡吉郎監督(人間力野球)の薫陶を受け、めきめき頭角を現す。大学3年時には堅守・強肩の3塁手として、大学日本一に貢献。同4年時には長打力にも磨きがかかり、田淵氏(法政~阪神~西武)のシーズン本塁打記録(6本=当時)に、あと1本と迫った。ホームラン・打点の二冠を獲得。日米大学野球選手権の全日本メンバーに選出され、アメリカ本土で、後のメジャーリーガーらと日本を代表して戦った。
卒業後は社会人野球の名門東京ガスへ入社。同時に3番サードを任され中心選手としてチームを牽引。後に主将も務める。2年目にはオールジャパンのメンバーに選出され、2度目の日の丸を背負う。当時、世界最強と言われたキューバナショナルチームとの対戦では、キューバの大エース ビネンから勝利を決定づける特大のホームランを放った。現役引退後は母校日大ー高のコーチを経て、2009年にコーチとして入団。3年後には監督に就任し、現在に至る。
明治大学島岡精神野球で鍛え上げられた不屈の闘争心と、アマチュア野球最高レベルの豊かな経験に基づく技術と知識は、様々な指導方法により、子供たちに短期間で『気づき』を与えることとなる。子供たち全員を『やる気にさせ、自覚を持って自ら行動させる。』指導方針は、野球の技術・知識を伝えるだけでなく、人間としても大きく成長させる。子供たちへ全ての情熱を注ぎ、魂のこもった熱血指導は、卒部生・在部生は基より、父母からも絶大な信頼を寄せられている。

1960年1月28日生

鹿本中~日大ー高~明治大学~東京ガス


他チーム練習ログ
→→全練習ログを見る