2018年 06月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
             
TOP > スタッフの横顔(暇つぶし)

スタッフの横顔(暇つぶし)

毎年この時期にホームページをご覧になり、硬式野球のクラブチーム所属について
迷われているご父兄の方々がいらっしゃいます。
実際にグランドへ足を運ぶ前に断念されている方も多くいらっしゃると思い
入団を前に不安を一掃・・・という意味で
アイアンズスタッフの一面を管理人から少~しだけ紹介してみました。
多分、現在のご父兄、選手の中にも知らない方が多いと思います。
あくまでも管理人の独り言・・・と息抜きにご覧ください。

会長 渡辺博
<役職>

・全日本少年硬式野球連盟副理事長
・姫路少年硬式野球協会理事長
 社会人野球の名門鐘化から大阪ガスへ移籍、現役時代は投手で活躍、ピッチングコーチ時代に 
現姫路アイアンズ川端監督を発掘、現役時代は(今も時々拝見しますが・・・)、
甲子園、都市対抗野球では華麗なアンダースローで活躍。
その人脈の広さが人柄を現しています。
特技は、電池の切れたマイクでもスピーカーから美声を流すことができます。
ヤングリーグでは、平成17年度から22年1月まで兵庫西支部支部長を務め、平成22年1月には
連盟常務理事に、平成30年全日本少年硬式野球連盟副理事長に就任。
その毎日は想像をはるかに上回る超多忙を極めています。
会長のモットーである「夢をあきらめるな!」のとおり、毎年のアイアンズ大会では、年々始球式のスピード
がアップしています。
<最近のトピックス>
姫路少年硬式野球連盟初代会長に就任。
平成30年1月1日付、全日本少年硬式野球連盟副理事長に就任
 
代表 藤井勝博
アイアンズ副代表を経て表現渡辺会長の後を受け平成22年1月より姫路アイアンズ代表に就任。
会社ではアイアンズとほぼ同数の部下を抱え、超多忙な日々を送っておられます。
「伝統あるチームの代表であり、しかも、渡辺会長の後任は荷が重い」とプレッシャーがかかって
いることは言わずもがな・・・ですが、仕事も野球もやるからにはとことんやりぬく責任感の塊のような
新代表です。
まだまだ手探りと言いながら代表情報はおいおい掲載させていただきます。
<最近のトピックス>
封印していたゴルフを再開しました。ベストスコアは74

副代表 平山信治
平成23年度より副代表に就任。真黒に日焼けした顔は、自黒ではありません。
ユーモアとセンス、行動力は、アイアンズでも指折り。
携帯メールの実況中継は、まさに試合観戦している気分にさせてくれます。
会長、代表を強力にサポートしてくれます。
 
副代表 長野英明
平成29年度より副代表に就任。冷静沈着な紳士(に見えます)
ご子息は、アイアンズ37期生、大学を卒業後兵庫県で高校野球の監督を務め、平成30年4月より高知県で教壇に立ちます。
物静かですが、アイアンズ愛は人一倍の副代表です。

監督 川端秀宣
学生時代は、三塁手、投手として活躍、社会人野球では、大阪ガス入社1年目から投手として姫路市長旗賞を
受賞するなど活躍。その後、打者へ転向。後に主将を務めるなど、華やかな一面の裏には、人一倍の苦労
を重ね現在に至る。
元近鉄監督の故西本幸雄氏を師と仰ぎ、野球にかける情熱は計測不能。
特技は、選手を見ただけで家族構成を当ててしまいます。
グランドでは、厳しい監督もOBたちがグランドへ訪れたときは、目じりが下がりっぱなし。
本当の優しさが分かるのは、卒団してからかもね。
卒団した子供たちと将来野球チームを作るのが夢。(当然現役で出場する・・・そうです)
<最近のトピックス>
「練習は嘘をつかない!」を実践中!

ヘッドコーチ 大前健治
通称アイアンズの鬼コーチ、実は仏の大前・・・学生時代から捕手で活躍。子供たちに傾ける情熱は熱い。
グランドでは、鬼コーチを演じるが、大前マジックにかかった選手は目を見張る成長を遂げている。
大前ヘッドに認めてもらえれば一人前。「出来の悪い子供ほどかわいいもんや」が口癖。
高校球界では、星一徹の異名をとっているらしい。
アイアンズきってのスーパーコーチ、その引き出しは練習メニューで一杯。
特技は、選手の特徴を見抜く眼力とその気にさせてしまう大前マジック。
 
コーチ 西川昇
学生時代から豪快なバッティングで、社会人野球の名門新日鉄広畑で野手を務める。
今でも現役時代の構えを記憶している(川端監督)と話されるほど豪快な打者だった。
無口で職人肌の見た目とは異なり、実は、バリバリ体育会系。
練習では、翌日体が動かなくなるほどハッスルすることもしばしば。
特技は、一言でチームの雰囲気を一変させてしまう話術を持っていること。
練習の見所は、シートノックでの比喩にあり!・・・現役のご父兄の方々も一度は堪能されたし!
 
コーチ 佐々木孝一
早稲田大学、大阪ガスでは、野手として活躍、平成21年~24年アイアンズコーチを務め
その後、一次社命により大阪ガス監督に着任。
上品すぎる(?)関東弁を払拭するため播州弁を学ぶが、実はバリバリの九州男児だったんです。
野球するならアイアンズ!と、満充電で27年3月待望のコーチ復帰。
 
コーチ 萩原健吾
中学-高校-大学-社会人と常に第一線で投手として活躍。社会人では、投手コーチも経験。
甲子園では、池田高校と雨中の決戦として今も語り継がれる球史に残る一戦を演じるなど
伝説は数々。
優しいまなざしの奥には、にっこり笑って選手を鍛え上げる萩原メニューを隠し持つ。
故村山実氏の秘蔵っ子であることは球界ではあまりにも有名・・・タイガースファンである。
特技は、ピッチングマシーンより正確なコントロール。
<最近のトピックス> 
 2015年3月より社命により社会人野球のコーチに就任。
 その間、アイアンズ技術顧問としてサポート。
 2017年11月、待望のコーチ復帰。 
 
コーチ 井上耕輔
平成19年度よりコーチに就任。
身長188cm、林コーチと並んでいるとなんとも景色が変わってしまいます。井上耕輔コーチ就任により
井上コーチが2名になってしまい、グランドで呼ぶときに困ってしまいます。
考え抜いた末、耕輔コーチは体に合わせジャンボ=通称Jコーチ
高広コーチはお年にあわせG(爺)コーチと・・・・スーパーE●●●●マネージャーY氏の命名?
Jコーチは、西川コーチ、林コーチのずっと後輩にあたります。小西コーチバリの真面目さと豪快さを併せ
持ちます。
元来の野球好き・・・監督~現役社会人チームのメンバーまで知り尽くした勉強家。
ノックの飛距離に拘りを持っています。コーチ陣若手№1!また、熱い男が加わりました。
特技は、行けそうで行けないランナウェイ・・・

コーチ 野夫井誠
平成23年度よりコーチに就任。
新たにアイアンズスタッフに加わった野夫井コーチは、記憶に新しい方もいらっしゃるのでは?
姫路工業高校から東芝府中を経て大阪ガスで活躍。プライベートでは、フルマラソンに出場するなど
現役時代をご存知の方は、スリムになった体型に驚かれるかも・・・
熱烈ラブコールによりスタッフの平均年齢をグッと下げてくれました。
年齢を倍にしてもGコーチに追いつきません。
先輩諸氏に囲まれてプレッシャーのなか(?)徐々に野球人としての頭角を現してくれることでしょう。
 
コーチ 杉本真人
平成24年1月待望のアイアンズ出身のコーチが誕生しました。
アイアンズ28期生(川端監督の1期生)
「「いつかはアイアンズに恩返しをしたい」そんな想いと「アイアンズ愛」を
持ち続けてくれた一人です。まさしくアイアンズの申し子と言っても過言ではありません。
高齢化(?)が進むスタッフにまた頼もしいメンバーが加わり平均年齢を下げてくれました。
選手たちには良き兄貴分的存在になることは間違いありません。

マネージャー 橘邦彦
平成12年マネージャーに就任。
野球を通じ多くの方々と出会うことを楽しみにしています。
自らの経験と失敗を元に子供たちに継続する大切さを伝えることを一番の使命と感じて今なお在籍。  
モットーは「勢い」と「話半分」、チーム内では、播州弁講座の講師を務めています。
 
マネージャー 海端雅友
平成28年マネージャーに就任。
いい話を聞くと勝手に涙があふれだしていまうほど感情豊かなマネージャー。
仕事柄気配りと段取りは抜けがない?
色んな特技を持っています。
2年生マネージャーを務める。
 
 マネージャー 大西隆雄 
平成28年マネージャーに就任。
趣味のサーフィンは封印し今ではアイアンズ一筋。
1年生担当マネージャーを務める。
 
トレーナー 藤井祐樹
平成19年より選手達のサポートを目的にトレーナーに就任。現役の理学療法士である。
スタッフの中では最年少、といってもかなり年齢が離れておりどちらかといえば(間違いなく)選手との年齢の方が近い
兄貴分的存在です。
理学療法士の資格を取得し市内の病院に勤める傍ら、アイアンズの子供たちのためにプライベートの時間を割いて(?)
帯同してくれています。スタッフにとっては、この上なく心強い味方です。
藤井氏の弟がアイアンズOBということもあり、数年前から存在は知っていましたのでスタッフ一同喜んでおります。
まだまだ若いのですが、本当にしっかりしており、しかも、ジャニーズ系とあって喜んでいるのはスタッフ以外にも
多いのでは・・・
<最近のトピックス>
2015年日本体育協会公認アスレティックトレーナーの資格を取得
 
 
 
トレーナー 尾花 隆太郎
アイアンズ40期生のOB、理学療法士として整形外科に勤務。平成29年トレーナーに着任。
アイアンズ在団中、タイガースカップに出場、チャンスに強いバッティングでチームを優勝に導いた。
当時の雑誌にはミスター三塁打として取り上げられた。(選手には内緒にしているようです)
選手との年齢差が一番近く、何でも相談できるお兄ちゃん的存在で強力にサポートしてくれています。
 
 
顧問 林 道義
平成18年度よりコーチに就任。
身長186cm?もっと大きく見えます・・・社会人時代の新日鉄広畑では西川コーチの後輩にあたります。
甘いマスク(?)と優しい口調に育ちの良さを感じさせますが、
社会人時代は、その通る声のお陰で対戦相手の選手は林コーチの野次をよ~く覚えているとか・・・
大きな体で一番気遣いしている優しいコーチです。ですが、実は、結構イケイケだったりします。
そんな林コーチは選手と父兄の人気者です。
少しずつ本領発揮が期待されます。
平成30年よりアイアンズ顧問に着任。 
 
1