TOP > チーム紹介

チーム紹介

リトルリーグとは・・・

1939年6月、アメリカ合衆国ペンシルバニア州ウィリアムスポートでカール・ストッツが中心になって地元の少年12人が少年野球団を結成されました。
初めは、9歳から12歳までの少年で作られた3チームの小さな団体でしたが、その後、1947年に第1回の世界選手権(リトルリーグ・ワールドシリーズ)が開始されました。
正式な団体として成立されたのは1964年7月16日で、当時のアメリカ大統領リンドン・ジョンソンの署名によって連邦政府認可の法人となりました。
リトルリーグの世界本部 は前述のウィリアムスポートにあります。 2003年度の加盟国・地域数は、105ヶ国・地域となり、選手数は270万人、ボランティア数は100万人に上ります。

日本では1955年ごろ、東京都近郊のリーグでスタートし、1964年にリトルリーグ生誕25年を記念し、日本リトルリーグ協会(現・財団法人 全日本リトル野球協会リトルリーグ委員会)が設立され、1970年から三井物産、フジサンケイグループの支援で全日本選手権大会(1967年創立)などの全国大会を協賛していただくようになり、現在に至っています。

全日本リトル野球協会公式ホームページより

 

ティーボール野球とは・・・(幼稚園~2年生まで)

ティーボール野球"とはピッチャーが投げたボールを打つのではなく、ティーの上に置かれた

「止まっているボール」を打ってプレイします。

 

写真写真

 

「止まっているボール」を打つ以外は、ほとんどリトルリーグ野球と同じルールです。
また、ボールはティーボール専用の柔らかいボールを使用するので万が一の時にも安心です。
対象は小学2年生以下の男女です。

 

写真写真

 

未就学児などの小さなお子様や、初めて野球に接する子供達には、打つ楽しさが体験できたり、

力いっぱい走ったりボールを投げたりすることで、楽しく野球に参加できる最適なクラスです。

子供達にはしっかりと基礎から教えていきますので、野球経験がまったくなくても大丈夫です。

 

少しずつ3年生になるまでに、練習試合や遠征試合等、子供たちの大好きな試合をより多く

経験し、小さなうちから『チーム』というものを意識しながら、野球を覚えます。

そして、東部ブロック大会、北関東大会もしくは、関東大会という大きな大会を経験する

こともできます。
 

写真写真
 

ティーボール野球"で野球の楽しさ、基本動作、ルールの習得を目的とした指導をしております
見学、体験は随時受付けております。お気軽にお問い合わせください。

【連絡先】

お問い合わせ、質問等は下記のメールへご連絡ください。

ri56so330-u916yo95@i.softbank.jp(広報担当)

無料体験は随時行っていますので、メールまたは直接グランドまでお越しください。

(※クランドに直接来る方は、当チームのホームページのスケジュールを確認の上

お越しください。)

ルール

◆リトルリーグでは選手の発育に見合ったルールに重点を置いて運営管理されています。
 ・ほとんど普通の野球と変わりませんが発育途上の選手達への体の負担の配慮の為一部独特のルールがあります。
 
相違点 リトルリーグ部門 インターミディエット部門
規定イニング 6回 7回
塁間距離 60フィート(18.29m) 70フィート(21.34m)
バッテリー 46フィート(14.02m) 50フィート(15.24m)
本塁から外野フェンス 195~225フィート(59.44~68.58m) 225~275フィート(68.58m~83.82m)
バットの長さ 33インチ(83.8cm)以下 34インチ(86.4cm)以下
バットの直径 2ー1/4インチ(5.7cm)以下 2ー5/8インチ(6.7cm)
スパイク 金属は使用不可 金属使用可
ヘルメット 6個以上 7個以上
投球規定
・再登板
・ボークセットP
・制限投球数

不可
適用されない・完全静止は不要
11,12歳選手は85球/1日

その試合で1度だけ可
適用される・完全静止が必要
13歳選手は95球/1日
1