2017年 01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
TOP > 監督の日記

監督の日記

新しい風と新天地

今年も体験会の季節になりました。
私にとって、期待と不安な時期です。
監督をして6年目のシーズンになりましたが、私になりにチームを整備して来て着実に成長してきたのではないでしょうか?
これも、選手、保護者の方々のおかげです。
しかし、あくまでも自己評価に過ぎず、実際の評価は周りの方々がするもの。
我々が積み重ねてきた事がどれだけ評価されるか知る術もありませんが、周囲の熱心なチームの中から長崎東LSに興味を持って頂き、候補の一つにして頂ければ幸いです。
見るのと聞くのでは大違い。
体験するのと見るのでも大違い。
良き御縁がありますように。
 
また、卒団生の高校合格報告も少しずつ増えて来ました。
合格おめでとう。高校での飛躍に期待します。
そして、今まだ入試に向けて勉強している選手もいるでしょう。野球と同じ。諦めたらそこで終わりです。
最後まで、もがきなさい。
そのくらいで、へこたれる気持ちに育てたつもりはない。
常に全力。
良い報告をお待ちしております。

チームワーク

週末に休日の中、とある整骨院の松本先生にストレッチの方法、体の可動域の柔軟性向上など様々な御教示を頂きました。選手のみならず、指導陣、保護者の方々も大変に勉強になりました。ありがとうございました。
早速、第2回目の勉強会も実施予定です。後日、連絡致します。
 
さて、いよいよ冬季練習も終盤。
意識が高い選手は着実に成長して来た。
特に副主将の青、食育の意識があり、腰回り、下半身が1回り大きくなり、おのずと全ての動きが良くなった。
1年生の純真も負けず、走り方が毎週変化し、体強さが出て来た。
他の選手の台頭にも期待します。
 
そんな中、球春も確実に近づいてきました。
最近、チームを見ていてチームワークとはなんなのか?考える事がありました。
チームワーク。
言葉(英語)を直訳するとチームで仕事する。
チームでOUTや得点をとる仕事をする。
OUTや得点が取れればチームワークが優れているのか?
何か違和感や、足りない感じがする。
それが現代の考え方、選手です。と言われると寂しい。
送球においても、ただ投げるだけではなく相手の事を思い、タッチがしやすい所、次の動作がしやすい所に投げる。
取る側も送球がそれても動ける準備をする。
要するに、心遣い。気配り。が出来るかがチームワークではないだろうか?自分勝手で気持ちの無いプレーは許さない。
心がある熱いチームに鍛え上げる。
それが私の役目。

人の思い、期待

先日、熊本中央LS出身、今年のドラフト会議にて広島東洋カープから指名を受けたアドゥワ誠選手の壮行会に出席して参りました。
選手の成長とは早く、そして驚くほどの好青年に変貌を遂げていました。
彼の努力に敬意を表し、それを支えてこられた御父母様の並々ならぬ苦労を耳にし、頭が下がる思いです。
そして、良く口にしていた感謝の言葉。
これまで支えて来た方々に対する思い。
実に素晴らしい選手になりました。
まずは入団おめでとうございます。
今後の活躍を期待しております。
 
さて、長崎東LSの選手諸君、君達にも同じ様に希望と楽しみな将来があります。
誰も未来の事は分かりません。
自分次第です。
何事も諦めたらそこで終わります。
もう一度、思い出してほしい。
野球を始めた時の気持ちを。初心を。
中途半端にするのなら、やらない方が良い。
そして、考えてほしい。
父さん、母さん家族の思いを。
自分1人では何も出来なかったはず。
支えられて現在がある。
これが理解出来れば、練習で手を抜いたり、チョロまかしかり、出来ないはず。
 
多くの方々に支えられている事に感謝し、その方々の思い、期待に応えられる様に日々、精進しなさい。
1度、自分で決めた事。
決して諦めるな。

始動

3日、矢上神社参拝を皮切りに階段登りとOB会を開催致しました。
懐かしい選手達、御父母の皆様方とお会いし、安心や活力を頂く事が出来ました。また、これからの人生を有意義なモノにする為にも是非、長崎東LSでの経験を生かして歩んで頂きたいと思います。お忙しい中、誠にありがとうございました。
 
さあ、選手諸君。今週末より本格的に練習が始動します。
選手権予選まで残り4ヶ月。
チーム内での競争も始まります。
是非、指導陣にアピールしてほしい。
土日の練習だけでは、君達の目標には決して到達出来ません。日頃からの鍛練の成果を土日にアピールして頂きたい。
それが理解出来る選手は、何かを達成するには絶え間ない努力への境地に導いてくれる。
他人と比較せず、自分を高める鍛練を積み重ねる。
冬季に入り、着実に個人差が出てきている。
小さな差が後々、大きな差となって現れる。
目標を達成するだけでは足りない。
一言付け加えて、
 
何が何でも目標を達成する。
 
選手達の奮起を期待します。

2017年 新春

謹賀新年 明けましておめでとうございます。

昨年は関係者の皆様方に多大なる御指導、御鞭撻を賜わりまして誠にありがとうございました。
今年は昨年の反省を踏まえ、基礎を意識しつつ土台を積み重ねる年。気配り、準備に重きを置いていた私が勝敗を目の前にブレて怠っていた。
 
選手達を大きな根っ子に育てるのが私の仕事。
その為に精進して参る事を誓い、新年のご挨拶とさせて頂きます。
本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

人としての器

フレッシュリーグの雄、佐賀藤本BBCの北村総監督を約半年ぶりに訪ねてきました。
お付き合いをさせて頂き、約5年。
悩み事など様々な相談に乗って頂き、自分の師匠たる監督です。
今でも覚えている事が、
 
子供の可能性を信じ、見守る事を覚えなさい。監督は自分のコピーを作りたいの?
 
とおっしゃった一言でした。
それは監督として走りだし、間もない時期で血気盛んな私の中では衝撃な言葉でした。
その意味が経験を積み重ねてきて少しですが、理解出来るようになってきたが、まだまだ未熟者です。
 
また、七転八起という言葉がある。
人生、順風満帆にはいかない。
選手も同じで、ちょっと距離をあけ、静かに前向きな姿勢で見守る事。そして様々な壁にぶつかり、転んだ時に選手の言葉に同調せず、大人、指導者、保護者として起こしてあげる様に導きなさい。など、御教示頂きました。
 
今回、訪問させて頂き指導者としての自覚。
教える立場として、選手達に要求するばかりではなく、自分自身がお手本になる様、言動、行動をしなければならない。
 
私も選手達と共に勉強です。

2016年

私の中で今年を1文字で表現すると”初”づくしの年でした。
八代大会 初優勝
春季大会 初準優勝
広島瀬戸内LS大会 初出場
全国選手権予選 初ベスト8
全国大会 初勝利
小学軟式野球大会(LS杯江上フェニックス様)  初開催
腎結石 初手術(笑)
様々な経験、貴重な体験をさせて頂きました。
今まで見えなかった一面を学ぶ事が出来た喜びと、これからの指導者としての在り方、責務を感じる1年でした。
 
選手達にこの伝統を受け継いで長崎東LSをもっとより良いチームに成長させてほしい。そして、いつか神宮への道に進んでほしいと切に願います。
指導者としてその環境を整え、尽力して参ります。妥協は許しません。
 
最後に今年1年、連盟、野球関係者の皆様方、御父母、OBの皆様方、大変お世話になりました。
良い年をお迎えください。
3日に元気な顔でお会い出来る事を楽しみにしております。

沢山の支えに…有り難い。

週末、2日間にわたり体験会を開催しました。参加して頂きました各チームの指導者、御父母の皆様方、そして選手の皆さんありがとうございました。
いかがでしたでしょうか?
中学の硬式野球を目で見て、肌で感じてもらえたでしょうか?
私も選手を拝見し、そのレベルの高さに驚き、これまで大事に育てられた指導者皆様方の熱意や支えて来られた御父母の方々に頭が下がる思いです。
 
我が長崎東LSは、御父母の皆様の温かい御協力を頂きながら、スタッフ一同、コツコツと小さな事から積み重ねて作りあげたチームです。
その上で野球上達、人間力向上の環境を整備して参りました。
その環境下で選手達は強く逞しく、そして大きく育っており、何よりも努力が当たり前のチームになってきています。雰囲気も良く、満足はしておりませんが良いチームになってきました。
しかしながらあくまでも発展途上であり今は通過点です。
もっともっと世間から認められるチームにならなければならない。
だからこそ、ここからが大切です。
これまで通り実直に、堅実に、保護者の皆様方と協力し、子供達の為にやる。
沢山の支えがあり、守り続けてきたからこそ今がある。
そして、これからがある。
 
夢や目標に向かって、長崎東LSから第1歩を踏み出してみませんか?
 
また、連日に渡りオヤジ会の心遣い、気配り、そしてマミーズの心温まる炊き出し支援、HP更新と実に有り難く、最高の体験会でした。ありがとうございました。
 
選手諸君!! あとはヤルだけ。

異種交流

この時期になると様々な指導者の方々と話す機会が増え、自分自身大変勉強になる。
勝たせてあげたい。良い選手として育てたい。良いチームを…その熱意、深い想い、真面目で色々な壁に直面し、奮闘されています。
 
私も監督として6年目。まだまだ未熟で学ぶ事が多い。周りの方々に実に良く協力して頂き、今の自分があるのも事実。
この恩を少しでもチームの為、選手の為に返す事が出来れば良いのですが…
 
年代を超えた監督さんとの会話でエネルギーをもらい、やはりチームは選手、保護者、指導者が同じ方向を向かわなければ、良いチームの構築はできません。
私も負けずに頑張ってみようと思います。

体験会 開催

今回は、この場をお借りして体験会の案内をさせて頂きます。
 
12月17日、18日の両日で体験会を開催します。我が長崎東LSは高校野球の準備期間と位置づけ、御父母様の方々と協力して選手の徳育に努めています。
苦悩、挫折、葛藤、努力、協調、和、気配り、歓喜、我慢、礼節…等々、様々な経験を体験させ、大切に育てて来られた選手が他力で輝く事より、自らの力で輝く様にその為の努力を我々指導者もして参ります。
 
また、日程的に厳しい御家族の皆様方は12月/1月とホームグランドか飯盛のグランドで練習を行っていますのでスケジュールを確認の上、いつでもお越し下さい。
 
小学生の部(リトル)も同時に体験会を行いますので、よろしくお願いします。
 
1人でも多くの選手に会える事を楽しみにしております。