2017年 12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
TOP > チーム紹介

チーム紹介

球団説明

Ⅰ.球団方針

1.球団は、非営利団体として活動を行う。
2.少年に硬式野球を正しく指導し、スポーツを通じて、心身の育成を図ることを目的とする。
3.型にはめない・個性を伸ばす・高校野球に備えて基礎体力作りを指導する。
4.球団は指導者、選手、後援会、父母会で構成される。
5.後援会会費は球団の運営のみに使用される。
6.会計監査を年2回行い、後援会に報告する。
7.球団内での金銭の貸借を禁止する。

Ⅱ.選手指導方針

1.野球を通じての人格形成
  礼儀作法(挨拶)・目上の人に対する敬う心・先輩後輩の上下関係

         ・強い精神力(努力/忍耐力)・助け合う心(団結力)などの育成

2.野球選手としての体力作り(高校野球に備えての基本的な体力の強化)   
・体力の五大要素を育成する。
  「筋力・持久力・瞬発力・判断力・柔軟性」
  体力作りのプログラム
  ローパワー  ⇒  心肺機能の育成 (長距離持久走など)
  ミドルパワー  ⇒  筋力の持久アップ(インターバル走など)
  ハイパワー  ⇒   瞬発力の強化  (短距離ダッシュなど)
・個人的プログラムの実施
・体力能力を見極めた個人メニューの設定

3.野球選手としての技術習得
・バッティング     型にはめない打てる動作の学習
・守備          基本の反復練習
・フォーメーション  判断力の強化

4.野球選手として強靭な精神力の育成(勝つ事への執着)
・試合における集中力は練習から
・プレッシャー・緊張感に動じない心の訓練
・感情のコントロール・目標設定力・イメージ力・やる気・変化への対応・自信


Ⅲ.球団会則

第1条  この球団の名称は 「大阪旭シニア」 とする。
第2条  この球団は財団法人全日本リトル野球協会リトルシニア関西連盟に属する。
第3条  硬式野球を愛好する中学生に、野球を通じて強靭な体力と精神を養成し規則正しい

     明朗な社会人に育成することを目的とする。
第4条  「大阪旭シニア」入部の原則として、中学校に在学中のもので硬式野球に適した

     健康な体力を持ち、保護者の承諾を得たものに限る。
第5条  入部の際は入部申し込みを提出し、球団において審査し、入部の承認を得た者は

     入会費・部費を提出する。
第6条  入会費は(リーグ選手登録料、損害保険料含む)10.000円・部費は

     月額12,000円、積立費2,000円(合宿等)として毎月第2土、日までに納める。
第7条  部費を3ヶ月以上滞納及び練習またはチームの行事を無断で欠席した場合、もしくは
     社会通念上非行と認められる行為をした時は退団させるものとする。
第8条  球団は選手に万一事故が生じても損害保険以外の責任は負わないものとする。
第9条  「大阪旭シニア」を愛すると共に保護者は、球団の役員、指導者に対し信頼と感謝の
     気持ちを忘れず球団運営の妨げになる言動はしてはならない。
第10条  指導者の選任及びその他行事は球団役員会の決議により行う。
第11条  球団役員、保護者は目的行事の運行に積極的に協力すると共に、

     相応しくない行為はしてはならない。
第12条  その他必要と認められる事項については、

     その都度球団役員会で協議の上、決定する。

1