TOP > 卒団生の進路

卒団生の進路

29期生

増田圭佑
新木戸ヤングミヤコシ→八千代シニア→江戸川取手
 
自分は高校で野球をやることを前提に、軟式ではなくて硬式を扱うシニアで野球をやろうと決めました。シニアの練習はとてもきつかったと思います。けれど高 校になった今、シニアでの経験がとても役立っていると常に感じられます。またいろんな中学からきた仲間たちと辛い練習を乗り越えてできた絆は、同じ学校の 友達とは違ったものになりました。
野球を通して野球の技術だけでなく人間としても成長できたと思います。シニアでの2年半は自分のなかで最高の財産としてのこっています。
 

 
中村健太
大和田タイガース→八千代シニア→千葉経大附
 
僕は現在千葉経大附属高校野球部です。野球を始めたのは小学校5年からでそれまではサッカーをやっていました。中学で硬式野球をやっている自分は当時は考 えられなかったのですが、「高校野球で甲子園に行きたい」と思って硬式野球をやりたくなり、色々な硬式野球チームの体験に行きましたが、地元で自転車で通 えることと、大きな野球場があることに感動し八千代シニアに決めました。
入部後は挨拶、礼儀に厳しく最初は戸惑いましたが高校ではもっと厳しい のでシニアでしっかりやってもらってよかったと思っています。土曜日、日曜日の練習でしたが、短い時間で体作りをしっかりやり3年間で体力がつき体も出来 ました。特に走りメニューを多くやったので足腰が強くしっかり出来ました。監督さんが言っている「高校に行っても通用する人間をつくる」が実際に高校に 入ってやっと意味が分かりました。基本練習や走りはしんどいし面白くないですが、やっておいてよかったと思っています。バッティングはヘッドコーチの言う ことを聞いてやっていました。すごくわかりやすいし、スランプの時どうしたらいいかもじっくり教えてもらったのが今も役に立っています。仲間もたくさん出 来ました。その仲間と高校で対決できるのを楽しみに甲子園目指して頑張っています。
 

 
安渡信太郎
大和田タイガース→八千代シニア→津田沼
 
僕は現在通っている高校の硬式野球部で野球を続けています。中学で野球をする際に、八千代シニアに決めたのは、見学をして楽しそうだったからです。そこで学んだことは、野球の楽しさでした。
だからこそ今でも野球を続けていますが、八千代シニアでの経験が、現在のチームプレーと仲間との付き合い方に繋がっていると思います。
後輩にひとこと言えるとすれば、仲間と楽しくできるし、シニアのあとにもつながると思うので中学の時間を大切にしてほしいです。
 

 
柳田大介
北東タイガース→八千代シニア→秀明八千代
 
八千代シニアで野球をやろうと思った理由は、高校で硬式野球をやろう と思っていたからです。その通り、現在は秀明八千代高校野球部で野球を続けています。
八千代シニアの野球を通じてまなんだことは、「友情」、「感謝」、「思いやり」、「 忍耐力」です。精神的にも打たれ強くなりました。
後輩の皆さんも高校野球目指して頑張っ て下さい。
 

 
保前太希
大和田タイガース→八千代シニア→佐倉
 
現在、佐倉高校野球部に在籍しています。高校で野球をやるなら、中学から硬式をと思いシニアに入りました。うちの高校では、入部時、硬式経験者かどうかで、指導者の見る目が全然違いました。高校野球を有利にスタートさせるなら、中学から硬式をやった方がいいと思います。
八千代シニアでは、多く走ることで、しっかりした体作りができました。おかげで、守備でもバッティングでも力強いプレーができていると思います。伝統ある八千代シニアで、高校野球の基礎となることを、たくさん学んでください。
 

 
工藤拓也
北東タイガース→八千代シニア→千葉経大附
 
八千代シニア入部のキッカケは、兄が入って活躍していて憧れていた影響です。
ここで教わったことは、仲間意識の大事さと絆でした。それが今でも活きています。
後輩の皆さんも高校野球目指して頑張っ て下さい。
 

 
飯塚修平
キングファイターズ→八千代シニア→検見川
 
八千代シニアで硬式野球を始めた理由は、高校野球を見据えて、軟式ではなく硬式でやりたかったからです。現在は検見川高校硬式野球部で活躍しています。
八千代シニアで学んだことは、野球に取り組む姿勢です。たとえば、精神力、身体作り、練習の大切さ、道具の手入れなどです。
今では、日々の努力が次につながると自分は信じています。皆さんも「日々の努力が次につながる」と信じてお互い頑張ろう!!
1
他チーム練習ログ
→→全練習ログを見る