TOP >新着情報 > 関東連盟夏季大会4回戦

関東連盟夏季大会4回戦

2019.06.03

 
6月2日(日)
関東連盟夏季大会4回戦
富士シニア 1-3 足利シニア
富士、足利とも左腕が先発。
初回はお互い静かな立ち上がりだったが、2回表、2四球とヒットで満塁のピンチを招き、ライト前に運ばれ1点を先制される。3回以降はランナーを出すものの立ち直り6回まで気迫のピッチングでゼロを並べる。
打線は5回まで相手左腕に手こずり四球で出たランナー一人だけに抑えられていた。
6回裏二死,田中一のセンター前ヒットから、澤村の内野安打で一塁、二塁の初めてのチャンスをつかむ。
3番加藤塁が鮮やかにレフト線へ二塁打を放ち一点を返す。さらに4番木村が四球で歩き二死ながら満塁の絶好のチャンス。
しかし5番赤堀の痛烈な当たりをサードに捌かれこの回一点にとどまる。
最終回エラーと四球で出たランナーを送られ一死二三塁の大ピンチ。
ここで2番バッターにライト前に運ばれ再び二点のリードを許す展開に。
7回裏ランナーを振り逃げで出すものの後続を断たれゲームセット。
夏季大会は4回戦で敗退となってしまった。
37期はこの後ローカル大会を残すのみで実質この大会を持って引退となります。
次のステージでの選手たちの活躍にご期待ください。 
ここまで熱いエールをありがとうございました。
 
 
 

【関連ファイル】