TOP >新着情報 > コロナウイルス関係注意喚起

コロナウイルス関係注意喚起

2021.07.03


お疲れ様です。


連盟よりコロナウイルスに関する注意喚起が届きましたのでお知らせします。


各チーム必読および厳守をお願い致します。


子供達にとって大切な時期となっております。関係者全員で苦境を乗り切りましょう。


 


【以下、連盟より】




お疲れ様です。

【下記をチーム、理事、審判部に伝達してください】


一都3県では、感染力の強いデルタ型変異株の拡大に伴い、コロナ感染者が急増する兆候がみえてきました。最近、連盟に入った案件に基づき以下3点を共有します。



①中学校が休校になったらその学校の選手は活動休止


小中学校におけるコロナクラスターの発生を多く聞くようになりました。なかには、2週間休校などと言う中学校もありました。中学が休校や学級閉鎖になった場合、そこに通う選手はチームの活動に参加できません。


例えば金曜日まで休校や学級閉鎖された場合、その週の土日はたとえPCR検査が陰性であってもチームの活動に参加できません。


不明な点は、必ずブロック長経由支部長に相談してください。


②通達の厳守


再度添付の通達をチーム内で共有してください。今日チームの保護者から「ジャグの使用、母によるお茶当番をずーっと行っている」との電話連絡がありました。今後、通達を無視するチームには、常任理事会で協議し選手の健康を最優先に考え、必要な処分をします。


③選手の食事に注意、父母指導者の飲食禁止


通達にある通りグラウンドでの選手の食事には、十分感染予防の注意を払ってください。


ある連盟で6月に公式戦で遠征したチームの保護者、指導者が宿舎の1部屋で飲酒をしたところ、9名のクラスターが発生した事案がありました。つい気を許した結果、感染者本人も大変ですが、社会的に非難されることになります。


以上です。


 


皆で社会の常識に基づきコロナ感染に注意を払い、通達を守って、選手やチーム関係者をコロナから守りましょう。




【関連ファイル】