TOP >新着情報 > 第2回和歌山ブロック長杯硬式野球大会(3年生)

第2回和歌山ブロック長杯硬式野球大会(3年生)

2021.08.21

一進一退ながら首位を堅持するタイガース。
降雨順延が続く熱い球児たちの高校野球。
そして東京では賛否両論ある中、
開催された東京2020オリンピック、
続いて行われるパラリンピック。
日本の各地でアスリートたちの競演が
行われています!
 
そして奈良シニアの16名の3年生は、
和歌山ブロック長杯に参加、
強豪の神戸中央シニアさんとの戦いに
挑みました!
 
対戦 神戸中央リトルシニア
場所 那賀若もの広場少年野球場
 
奈  良|010 001 0|2
神戸中央|203 000 ×|5
 
全国屈指の強豪チームとの対戦を
心待ちにしていた3年生16名。
緊張と笑顔が入り混じる試合前のベンチ内。
キャプテンの掛け声で試合がスタートしました。
 
初回を0点に抑えられた奈良シニア。
投打の二刀流でここまでチームを引っ張ってきた
先発投手が満を持してマウンドに上がります。
 
立ち上がり緊張のためか制球が定まらず、
真ん中に集まった速球を相手に狙い撃ちされ、
1回裏に2失点。
いきなりの劣勢に奮起した打線が食い下がり
2回に1点を返します。
 
3回の裏に3点を奪われ、1-5となったものの
その後は持ち前の速球とバックの堅守に助けられ
続く4回から6回を無失点で切り抜けました。
 
相手投手の切れの良い速球と、
変化球のコンビネーションに
なかなか会心の一打が出ない打線。
6回の表に何とか1点を返し2-6とするものの、
全国屈指のチームからビッグイニングを
作ることが出来ず残念ながら、
2-5と敗戦となりました。
 
敗れはしたものの最後まで投げ切った先発投手。
チーム唯一の長打も放ち、
バックもしっかりと守り切り
中盤から善戦し0点に抑え切りました。
 
本日は神戸中央シニアの皆さま、
ありがとうございました。
 
そして関係者、審判部・写真部の皆様、
早朝からありがとうございました。
 
雨が重なり順延が続く中、
監督・スタッフのもと、
3年生は卒団まであと少しと
なりましたが、元気に野球ができる喜びを胸に、
チーム一丸となって大舞台に勝てるチームを
目指していきます!
 
今後とも奈良シニアへの
熱い応援・ご支援の程よろしくお願い致しますm(__)m

【関連ファイル】