TOP >新着情報 > 北アルプス山麓出身のオリンピックメダリスト

北アルプス山麓出身のオリンピックメダリスト

2016.08.20

 リオオリンピック バドミントン女子シングルスで、大町市出身の奥原希望選手が銅メダルを獲得。大町市出身初はもちろん、長野県の夏五輪個人種目でも初のメダリストとなりました。


 奥原選手が卒業した大町仁科台中学校には、大町リトルシニアチームの現役選手もいて、同級生だったОB選手もいます。競技種目が違っていても、地元出身のスポーツ選手が世界を舞台に活躍する姿が見られるのは、とてもうれしいことです。メダル獲得の翌日、大町市の早朝は快晴。朝日を浴びた北アルプスも誇らしげに見えます。


 明日は新メンバーにとって初の公式戦。一つひとつの練習を生かせるよう、大きな声を出して全員野球でがんばりましょう。

【関連ファイル】