2018年 07月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
TOP > 呉昭和リトルシニア会則

呉昭和リトルシニア会則

呉昭和リトルシニア会則

[目的]
1.野球を愛する少年に、野球を通じて健全な体力と精神を養成し、判断力を高め
勉学と共に友情感覚を育成し指導する。
2.本会は1の目的を達成する為、次の活動を行う。
秋季・春季大会、関西大会、日本選手権大会他連盟及び支部大会と親善試合
その他、目的達成の為の諸活動。
 
[資格]
入会資格は呉市を中心に支部審査委員長の承諾を得た12歳~15歳の少年とする。
 
[入脱会]
本会メンバーの入脱会は事務局長及び監督が決定する。脱会者は、毎月の会
費を事務局長が承認した月迄完納しなければならない。入会者は、入会金・月
会費・保険料を納めて入会する。但し月会費については事務局長が指示した月
より徴収する。
※入会手続きが終わり次第選手は連盟に登録をし、同時に保護者も呉昭和シニア
保護者の一員となり業務遂行の役割を負うものとする。
 
[役員]
本会は次の役員を置く
1.会長 1名 2.副会長 1名
3.事務局長 1名 4.保護者代表 1名
5.婦人部長 1名 6.会計 1名
7.会計監査 1名 8.審判部長 1名
以上の他必要に応じ事務局長の判断により役員を設定し置く事が出来る。
 
[役員の任期]
役員の任期は1年間とし、再選を妨げない。
 
[役員の任務]
1.会長は本会の会務を総括する。
2.副会長は会長を補佐し、会長が支障ある時はその任務を代行する。
3.事務局長は本会の事業計画、渉外業務、企画、事務処理業務を統括
する。
4.保護者代表は、事務局長を補佐すると共に選手、保護者と事務局長の
パイプ役に徹す。
5.婦人部長は本会の後援活動を統括する。
6.会計は会費その他の収支の管理を行う。
7.会計監査は経理を監督し、総会で報告する。
8.審判部長は野球のルールを把握し、審判部員の指導及び指揮する。
 
[顧問]
総会での推薦により顧問を置くことが出来る。
 
[理事会]
会長・副会長・事務局長・顧問・保護者代表・婦人部長・会計で構成され
たものを理事会とする。理事会は必要に応じ会長及び事務局長が召集
する。
 
[監督・コーチ会議]
監督・コーチ会議は監督が必要に応じ召集する。会議は事務局長も出席
する。
 
[総会]
総会は定時総会と臨時総会とする。
総会は、役員及び保護者をもって構成する。定時総会は毎年9月に開催する。
臨時総会は必要に応じて会長及び事務局長が召集する。議長は事務局長が
行う。
 
[会計年度]
会計年度は9月1日~翌年8月31日とする。
 
[入会金・月会費]
入会金は新入部員から徴収する。会費及び入会金の金額は理事会で決定する。
 
[会計報告]
本会の会計報告は、総会において報告する。
 
[本会則規則]
1.役員(任期中)及び監督、コーチはリトルシニアの名誉をい損ねない、又趣旨
に反した言動、行動が合った場合は理事会の議決により解任する事が出来
る。
2.保護者も(1)と同様とする。
[傷害時の損害賠償]
選手並びに関係者が、本活動中、遠征途中負傷又は死亡した時は本会で加
入している(スポーツ保険)保険金以外の損害賠償の請求は一切しないもの
とする。
※保険については各自の責任において充分な備えをして頂くことを希望します。
 
[遠征等]
遠征時の交通手段は遠征を担当している担当者(遠征部)に従い出来るだけ
少数での移動が望ましい。従って特に遠距離の場合大型ばす、マイクロバス
を利用する場合がある。この場合、これらの費用は別途徴収する。
個人の車両を提供する時はガソリン代・通行料は実費で会に請求する。尚
車両は出来るだけ充分な保険の掛かった車両を使用する事が望ましい。
※ 新1年生は入団手続き完了次第連盟に選手登録を行い、その時点で呉昭和
シニアの一員となり、従って全ての試合に参加の権利を得るものとし、事情の
ゆるす限り遠征の参加を希望する。場合によっては保護者の車両の提供を
お願いすることもある。
 
[慶弔時の対応]
慶弔(お見舞いを含む)は選手・スタッフは本人とその両親までとし、それ以外
(支部、他チーム等)については事務局長の判断に委ねる。
 
[その他]
本規則で定める他は、全日本リトル野球協会リトルシニア委員会関西連盟及び
中国支部会則に準ずる。
年に数回支部役員会、各チーム記念パーティに出席を余儀なくされる事がある
が事務局長の判断で最小限の人数、会費で出席するものとする。
1