2024年 04月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
TOP > 指導方針

指導方針

<<< 平 等 >>>
 
 
入団前に
練習を見て、肌で感じ、自分が納得してチームに入る事です。このチームで何を学びたいか?何を目標にするか?そこまで考えないと、レギュラーを取る事だけが全ての様に感じてしまい、他人、周囲の選手とばかり、自分を比較してしまいます。あくまでも、昨日の自分より、今日の自分が成長する事が大事です。
 
 
練習
上級生、下級生関係なく、同じ球数を打ち、走って、投げて、捕る。とにかく、どんどんボールに触れ、硬式バットもブンブン振ってもらう。マシン等が空いていれば、目一杯打ち、グランドが空いていれば、ノックを受けてもらいます。また、多数のポジションを練習して頂きます。ピッチャー、キャッチーも同じです。左投げだからポジションは限定されるなど、固定観念は捨てて、選手たちにチャレンジしてもらい、平等な環境の中で練習をしていきます。ただし、フィジカル、メンタルな面で練習の質、内容が若干、異なる場合があります。
 
 
試合
公式戦は真剣に勝利を目指します。また、大会ごとに背番号も変更します。上手、下手、関係ありません。著しく成長した選手から、若い番号を与える様にします。他人と比較するより、自分をどこまで高められたか?打球を100m飛ばせる選手は、124m飛ばせる様になる。ボールに当たらなかった選手は当てて、ヒットを打つ様になる。選手たちは、それぞれの目標、目的があります。
 
 
体のケア、ケガ防止
あくまでも、高校野球への架け橋にならないといけない。冬季だけではなく、1年を通してフィジカル、ストレッチの練習に取り組んで頂きます。
 
 
 
チームでレギュラーを取る事。勝つ事も大事です。
しかし、大きな目標は高校、大学などでも大好きな野球を続けていく事。野球を通じて、人間性を磨く事。高校で活躍している選手はたくさんいます。まずは平等に野球をさせてあげたい。
1