2019年 11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
             
TOP > 卒団生の進路

卒団生の進路

七ヶ浜リトルシニア第8期生 馬場皐輔投手

阪神タイガース ドラフト1位

 

学校3年生のときに塩竈ドラゴンズで野球を始める。塩竈市立第三中学校時代は七ヶ浜リトルシニアの8期生として入団し投手として大活躍した。

仙台育英高校への進学後には、2年秋からベンチ入り。秋季東北大会、第43回明治神宮野球大会を制した。甲子園では春夏を通じ4試合の登板で、通算投球回数21イニング、21奪三振、防御率2.14を記録した。

仙台大学へ進学後は1年時から仙台六大学野球の春季リーグ戦に登板。防御率0.93を記録し、チームの67季振りリーグ優勝に貢献した。エースとして臨んだ4年時の秋季リーグ戦では5勝0敗、チームをリーグ優勝へ導いた。リーグ戦通算15勝6敗。

2017年のNPBドラフト会議では、阪神タイガースと福岡ソフトバンクホークスが1巡目で指名をし、阪神が馬場との独占交渉権を獲得し入団した。背番号18

 

馬場選手のご活躍をチーム一同期待しております

皆様のご支援よろしくお願いいたします

七ヶ浜リトルシニア第10期生 平沢大河選手

千葉ロッテマリーンズ ドラフト1位

小学校1年生のときから塩竈ドラゴンズで野球を始める。高崎中時代は七ヶ浜シニアに所属し2年夏の全国大会に出場し主力として大活躍した。

お気に入り詳細を見る

仙台育英高では1年春から公式戦に出場。 同年秋には3番・遊撃レギュラーの座を獲得する。お気に入り詳細を見る

50メートル6秒2の俊足と、遠投105メートルの強肩を誇る平沢は、広角に打ち分ける打撃センスもあり、「高校NO1ショート」と呼ばれた。U‐18ワールドカップの日本代表にも選出されベストナインを受賞。高校通算22本塁打。

2015年のNPBドラフト会議では楽天イーグルスと千葉ロッテマリーンズが1巡目で指名し、ロッテが平沢選手との独占交渉権を獲得し入団した。背番号13

 

平沢選手のご活躍をチーム一同期待しております                                       皆様のご支援宜しくお願いいたします

七ヶ浜リトルシニア第3期生 伊藤祐介投手

ソフトバンクホークス入団決定!
(ドラフト2位)

東北学院大の伊藤祐介投手
伊藤投手は宮城・聖和学園出身の176センチ、
75キロの左腕。最速148キロの直球とカーブ、スライダーを武器に、仙台六大学リーグでは1年春
から登板。
通算で18勝(9敗)を挙げている。初優勝した7月の東北地区大学野球選手権では最優秀投手賞に選ばれた。伊藤は「高校のときからプロ入りを目指してきた。 (河北新報)
伊藤投手のこれからの活躍をチーム一同期待しています!
皆様のご支援よろしくお願いいたします!
1