TOP > チーム紹介

チーム紹介

チーム結成にあたって

代表より:

  ご存知の通り、鳥取県は全国の都道府県の中で最少の人口県であり野球

 後進県言われております。

  中学校生活の三年間は野球選手として成長するために大変重要な時期と

 考えますが、鳥取県内における中学生の硬式野球人口は非常に少なく、何

 とかこの期間に硬式野球に触れることが出来る環境を提供したいと考え、

 鳥取ヤングベースボールクラブは中学生硬式野球クラブチームとして2018

 年に結成されました。

  チーム結成に際しまして野球技術の習得はもちろんですが、ただ技術

 上の為だけに選手を育成するのではなく、むしろ野球を通じて人間的に大

 きく成長してもらいたいという意図が大いに含まれております。

  ・周りに対して気配りが出来、「挨拶・礼儀を重んじる」「同じ目的を

   持った仲間と協力する」「仲間に対して思いやり、助ける」「自分の

   意思をしっかりと伝える」「最後まで諦めない」ことが出来る。

  ・自分を律することが出来、自発的に「考える・実践する・反省する・

   改善る」ことが出来る。

  そういった人間に成長していく手助けをしたいと考えております。

 

 

監督より:

  野球というスポーツは非常に素晴らしいものです。

 私自身も野球を通じて多くの人と出会い、多くの事を学び、多くの人

助けてもらい、そういった経験が大切な財産となっています。

 2015年~2018年の4年間は学童野球のコーチ・監督も経験し、教える

こと難しさや喜びを知ると共に指導者として成長する貴重な時間を得

が出たと感じております。

  中学校生活はアッという間に過ぎていきます。そして短いが故にそれだ

 け時期に硬式ボールに慣れる事は、貴重だと言えます。

 子供達には「硬式野球をやって良かった」「鳥取ヤングに入団して良か

った」思える時間を過ごしてもらいたいと考えます。

  ・練習が辛い時もある

  ・頑張っても結果が出ない時もある

  ・仲間と喜ぶ時もある

 だからこそ、この時期にしっかりとした野球に対する精神・技術・体力

拶・礼儀・助け合いを養うと共に社会の一員であることの自覚と良識

を身に着けことが出来れば、その先にある高校野球という更なるステー

ジでも、いち早活躍出来る事でしょう。

 そして、さらにその先々まで道が繋がる事となれば私自身この上ない喜

あります。

 

 「未来は僕らの手の中」

1