TOP > チーム紹介

チーム紹介

 
 
県内12番目の社会人クラブチーム(平成30年度現在 栃木県内の社会人クラブチーム数は8チーム)/平成20年(2008年)1月「TSKアークバリア栃木」でスタート、その後、「TSK栃木」、「TSK宇都宮」とチーム名変更/栃木商品化工業の小倉悦男社長にバックアップしていただいています。
  「プロ野球選手の育成」を目指し、県内12番目の社会人クラブ硬式野球チーム「TSKアークバリア栃木」(宇都宮市川田町)がこのチームのスタートです(創部は平成20年1月)。
 小倉代表は宇都宮市で自動車関連会社を経営。取引先や知り合いなどと「上三川ボーイズ」名で中学生の硬式野球チームも立ち上げています。
 平成30年度は創部11年目。投手陣の柱になるエースはいないが、そのことが競争心をかき立てレベルアップすることを期待したい。チームスローガンは「T(挑戦:自分・チームの夢・目標達成に挑戦する)S(再生:高校野球のときの熱い思いを再生する)K(貢献:混沌の時代、未来に向けて協働の精神を大切にする一歩として、チームに、バックアップしてくれている会社に貢献する)」です。
 小倉代表は「若者にやりがいのある人生を送ってほしい。」そして「将来的にはクラブ選手権や都市対抗野球の全国大会に出られるようなチームにしたい。」と意気込んでいる。
1