梅田ヤングスターズ メイン画像1

手を洗って 気持ちも新たに活動再開!!

2020も梅ヤン旋風!
足立発 日本を元気に!!
4年生以下の新入部員を大歓迎します!!!
お気軽にお問い合わせください!!!!
 
 
2019年はAチームが千住リーグ春を制覇、前年度優勝チーム枠で出場した台東区都知事杯でも激闘を演じるなど、成長ぶりを発揮しました。
4年生以下のBチームは千住リーグ春秋連覇を達成して、今後の活躍が期待できます。
 
 梅田ヤングスターズは1977年創部の少年軟式野球チームです。
 足立区の梅島第二、梅島、亀田、関原小学校などの児童が集まっています。1人でも多く、進学後も野球を続けてもらえるよう、年間を通して活動を続けています。
 
 ユニホームやヘルメットも、伝統を受け継ぐべく、卒業生や上級生のお下がりを大事に使い続けています。何度もミシン縫いされたユニホームは私たちの誇りです。
  決して恵まれてはいませんが、練習するグラウンドからは富士山を望むこともできます。
 
 現在、新4年生以下の部員が少ない状況です。体験練習は毎週土曜日受け付けています。問い合わせ欄から、お申し込みください。先日も当ページから参加の方に入部してもらいました。
 
 目指すのは足立のてっぺん。
 そして、その先の頂(いただき)に向かって。
 
 ヤングスターズは輝いています。
 
 
 
 
最新試合結果
新人戦 1回戦
(渕花グラウンド)(2020/08/02)
1 2 3 4 5 6 7 合計
綾瀬メイツ 1 0 2 1 1 5
梅田ヤングスターズ 4 2 0 0 x 6
梅田ヤングスターズは1点を追う1回、三塁打のナツメをゲンタの内野安打で返して同点。敵失で勝ち越し後もフミヤ、ケンシンの連打などでこの回4点を奪った。2回もソウ、ゲンタ、フミヤの長短打で2点を追加。主導権を握ったかに見えたが、メイツの粘り強い攻撃に遭い1点差に迫られ、なおも無死満塁。ここで登板した三番手のミツオが後続を絶ちきったところで時間切れ。辛くも逃げ切った。
>>>その他過去の試合を見る
アルバム写真
アルバム写真タグ付け
ダグづけされた選手は未登録です