2019年 06月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
千葉ファルコンズ メイン画像1
最新試合結果
練習試合
(一本松公園)(2019/06/09)
1 2 3 4 5 6 7 合計
千葉ファルコンズ 0 2 1 0 1 0 0 4
千葉メリーズ 0 0 1 0 0 0 0 1
千葉メリーズを一本松公園に招いて行う練習試合。
ファルコンズは2回、無死2,3塁の好機を作る。武井の放った痛烈な打球が左中間を破る。押尾と池田が還り、2点を先制する。
さらに3回も、安打で出塁した小仲井が盗塁等で3進。押尾が四球で出塁した場面で、捕手が1塁への牽制を悪送球。小仲井が還り、追加点を奪った。
ファルコンズの先発は武井。高速スライダーを要所で使い、2回まで若いメリーズ打線を抑え込んでいた。3回に不運な1塁後方への当たりで出塁を許す。2死を奪うが、1番打者に一二塁間を破られる。勢いよく前進してきた右翼隼也が、その打球をファンブルし、打球を見失う。その姿を見た走者が一斉にベースを蹴る。ボールを拾った隼也が慌ててバックホーム。相手の3塁ベンチに投げ込み、ボールデッド。3塁まで達していた走者にひとつの塁が与えられ、ホームインを許してしまう。
5回、名誉挽回と四球で出塁した隼也が俊足を飛ばし、3進。弟亮太の遊撃へのゴロで、快速を飛ばしホームイン。兄弟で、ノーヒットで1点を奪い返した。
1か月ぶりの参加とは思えない制球力とスタミナで、武井がアウトを積み重ねる。最終回も最終打者を1塁フライに打ち取りゲームセット。自責0の完投で、若く勢いのあるメリーズ打線を抑え込んだ。
MVPは被安打3、四死球2、奪三振6の素晴らしい投球で完投した武井。打っても2塁打2本の活躍。
チャンスメイクに貢献した押尾と池田を優秀選手とします。
それぞれ1点を奪う活躍の小仲井と隼也。お互い守備での大暴投が目立った…次回の活躍に加点することにします。
>>>その他過去の試合を見る
アルバム写真
アルバム写真タグ付け