2020年 07月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
TOP > 入団案内

入団案内

募集要項

 <目的>
①週5日制学校教育の中で硬式野球を通して、当圏域青少年の健全なる心身の育成に寄与する。
②当圏域の野球の普及振興と技術のレベルアップに努める。
③活動を通して会員相互の親睦をはかると共に、圏域の活性化に寄与する。
 
<対象>
気仙沼・本吉・南三陸地区及び近隣地区在住の、小学6年(軟式又はリトル在籍者はその終了年齢時)から中学 3年生までとし、硬式野球経験は問いません。
 
<入会申込>
入会申込書・入会誓約書に記入の上、事務局にお申し込みください。
  ※ 入会後は速やかスポーツ傷害保険に加入いたします。
 
<会費>
入会金5,000円、選手会費月額5,000円(試合・練習の運営費)とし、遠征や合宿などは別途臨時会費を徴収することがあります。
※ 会費は入会時に自動振込み手続きをして頂きます。
 
<その他>
 ○試合用ユニフォーム
  試合用ユニフォームは協会より貸し出し致します。
 ○道具
 試合用の帽子・ストッキング、グランドコート、並びに練習用ユニフォーム・帽子・ストッキング・ソックス・ベルト・スパイク、及び個人で使用する道具は、各自で購入準備して頂きます。
 ○父母会
 本会に入会する選手の保護者1名は、必ず父母会員に登録していただくことになります。父母会員は互いに協力し合い、チーム運営が円滑に運ぶようご協力頂きます。
 ○活動
  活動は、練習・試合とも土曜日・日曜日が原則となります。
 
<申込先>
事務局:事務局長 中川 健
住 所:宮城県気仙沼市字松崎馬場88-4
連絡先:携帯電話 090-1064-4303  
自宅電話、FAX 0226-22-5156
 
以上の要項をご覧頂き、ご賛同の上、ご入会下さいますようご案内申し上げます。
リトルシニア東北連盟宮城県支部
気仙沼チーム会長 郷 古 良 英

入会申込書

※クリックするとPDFがダウンロードできます。

リトルシニアQ&A

Q1
リトルシニアってなぁに?
A1
中学生の硬式野球の組織で、「リトルの先輩!」という意味です。高校に上がるまでの3年間に硬式野球の基礎をじっくり学ぶのがリトルシニア野球です。他にボーイズリーグ等があり、その中でもチーム数、選手数共全国一多いのです。当チームの正式名称は「(財)全日本リトル野球協会リトルシニア委員会東北連盟宮城県支部気仙沼チーム」と言います。現在東北連盟に55チームそのうち宮城県には23チームがあります。
 
Q2
 硬いボールで怖くないですか?
A2
ボールは大きさ、重さ共にプロ野球で使っている物と同じで、そりゃ当れば痛いけど、最初はみんな初心者です。リトルシニアでは丁寧に基礎から指導しますから、しっかりした捕球の仕方が身につき、すぐ慣れますよ。
 
Q3
中学生から硬式を始めても肘、肩を痛めませんか?
A3
軽いボール(軟式)から重いボール(硬式)になるので、初めは筋肉痛になりますが、ボールが重い分、正しい投げ方、しっかりした身体の使い方をしないと投げられないので、自然と筋力がついてくるので心配ないですよ。痛くなる人ははっきり言って正しい投げ方をしていない人です。
 
Q4
部活との両立は大丈夫かなぁ?
A4
リトルシニアに入団すると中学校の野球部に入部しても、軟式野球連盟に選手登録出来ません、そう言った事から今までの先輩達は、陸上、バレー、テニス、バスケット等に入って、それぞれ一生懸命がんばっています。
 
Q5
月々どの位お金が掛かるのかなぁ?
A5
気仙沼リトルシニアでは選手月会費は五千円です(東北一安い)。出来るだけ父兄の金銭的負担を軽減するように、チーム用具、バス借用料、ガソリン代等は気仙沼リトルシニアが負担しております。それは多くの市民の方々が後援会員として運営を支えて下さっているお陰です。泊りの大会、合宿の時は宿泊代、食事代だけ特別会計として頂いております(年1~2回)その他は父母会費千円で、それ以外はほとんど頂いておりません。
 
Q6
入会するとどの様な物を買い揃えなければならないのかなぁ?
A6
チームで統一している物、試合用帽子、試合用ストッキング、試合用ベルト、Vジャン、チームKTシャツ、は必ず必要な物なので準備していただきます。その他に名入れオーダーショルダーバックは必要に応じて・・練習着、練習用帽子、ストッキング等は現在使っている物でOKですよ。
 
Q7
練習はいつ、どこでしているんですか?
A7
基本的には土日、朝9時~夕方5時まで、気仙沼リトルシニア専用球場(階上基幹農道小野万グランド)で行っておりますが、その他に気仙沼市営球場、室根野球場、高田松原球場等も使って練習しています。大会直前にはその他にもナイター練習等も行います。又冬季間は体育館で室内トレーニングも行っています。
 
Q8
大会は年に何回位どの様な大会があるんですか?
A8
大きいメインの大会は年5回、宮城県支部春季大会(4月)、春季東北大会(5月)、日本選手権東北大会(6月)、宮城県支部秋季新人大会(9月)、秋季新人東北大会(10月)、があります。その他に関東連盟交流大会(8月)、1年生大会(11月)、招待大会等もあります。
 
Q9
家族はどの様なお手伝いをするんですか?
A9
リトルシニアは中学生の団体なので、基本的には自分達のことは自分達で行うように指導しています。ただし練習会場への送迎はご家族の方にお願いしています。又気仙沼リトルシニアには父母会があり、その中で皆さんが分担し、子供達の世話、チームのサポートをしていただいております。
 
Q10
父母会はどの様なことをするんですか?
A10
父母会はチーム運営をするのではなく、運営する気仙沼リトルシニア野球協会のサポートをして頂いております。協会ではご家族の金銭的、身体的、精神的負担を出来るだけ軽減する様に父母会活動も「出来る方が出来る範囲で出来る限りの協力」をお願いしています。アナウンス有り、審判有りと皆さん和気あいあいと、中学生という多感な時期の子供達と一緒に野球を楽しめることに喜びを感じているようですよ。
1